山梨県町村会トップ  > 自治振興事業 > 妊婦乳幼児健康診査事務 > 妊婦乳幼児健康診査事務
自治振興事業

妊婦乳幼児健康診査事務

 この事務は、地域保健法等の改正に伴い、平成9年度から直接的な母子保健サービスを行う事業主体が、県から市町村に移管され、各町村みずからが診査事業を実施していくに当たり、各医療機関との委託契約など、煩雑多岐な事務手続きによる現行サービスへの影響が懸念されたことから、町村会長が各町村長から委託契約を受け、統一的処理を実施しているものです。
 
 これにより、県内多くの医療機関との健康診査委託契約の締結、診査委託料単価の統一、請求・支払事務の一元化対応、同一様式受診票の共同印刷など、事務の能率化・合理化が図られています。

事務の内容


1 委託実施事務



 (1) 県内医療機関との委託契約の締結
 (2) 診査委託料の請求と支払い
 (3) 委託料単価の調整と受診票の共同印刷

2 請求及び支払事務



  ○ 各医療機関が、毎月14日までに一括して本会へ請求する
  ○ 本会が、月ごとの名簿・請求書を各町村あて作成・送付する
  ○ 本会は、町村から収納した相当額を翌月末日までに医療機関に支払う

−参 考−  町村が行う事務



  ・ 妊婦一般健康診査
  ・ 乳児一般健康診査
  ・ 妊婦精密健康診査
  ・ 乳児精密健康診査
  ・ 1歳6か月児精密健康診査
  ・ 3歳児精密健康診査

事務の流れ

ninpu.jpg(62696byte)

ページの先頭へ
前のページへ戻る